天天好時光

あの素晴らしい愛をもう一度

棚を整理していて、中高のときに使っていた楽譜を捨てようか迷った。

捨てられなかった。

合唱コンクールや老人会の慰問の伴奏用に

コピーしたものもいくつか出てきたり。

「涙をこえて」

「ともしびを高くかかげて」

「新しい世界へ」

「大地讃頌」

「樹氷の街」

「夢をあきらめないで」

「旅たちの今確かめあって」

「時の旅人」

                     などなど

夏休みにも練習があって、

部活はさぼっても有志合唱団の活動は熱心にやったものだ。

これも中学の頃だけ。

高校の合唱部はやたらと芸術性ばかりを強調しているような気がして、

そういうものに反発を覚えて結局入らなかった。

(そして「歴史研究部」なる学校一マイナーなクラブに入った)

中でも音楽の先生のお気に入りが、

「あの素晴らしい愛をもう一度」だった。

親と同世代の、団塊の世代の先生だったので、

自分が若いころにもよく聞いたのだろう。

これはウーロン茶のCMで中国語バージョンで歌われたようだが、

テレビで聞いた記憶がない。




これを歌っているのがエンレイ(媛麗)という歌手。

たしかこの人あるテレビで

「我的家在山的那一辺」(私の家はあの山の向こうにある)

を歌っていたような。

この歌、

テレサ・テンが天安門事件(1989・6・4)のデモ弾圧に反対する集会に

飛び入り参加したときに歌っていたもの。

我的家在山的那一边 私の家は山の向こうにある

那儿有茂密的森林     そこには生い茂った森林がある

那儿有无边的草原     そこには果てしない草原がある

春天播种稻麦的种子    春は田植えをし

秋天收割等待着新年    秋は収穫し新年を待つ

张大叔从不发愁      張おじさんは何も心配せず

李大婶永远乐观      李おばさんもずっと気楽だった

自从窑洞里钻出了狸鼠   洞の中からモグラが出てきてから

一切都改变了       すべてが変わってしまった


他嚼食了深埋的枯骨    それは深く埋めてあった骨まで食べ

侵毒了人性的良善     人間の良心を侵してしまった

我的家在山的那一边    私の家は山の向こうにある

张大叔失去了欢乐     張おじさんは喜びを失い

李大婶收藏了笑颜     李おばさんは笑顔がなくなった

鸟儿飞出温暖的窝巢    鳥は暖かい巣を出てゆき

春天变成寒冷的冬天    春は冷たい冬へと変わってしまった

亲友们失去了自由     友達は自由を失い

抛弃了美丽的家园     美しい家を棄ててしまった

朋友!不要贪一时欢乐   友よ!一時の快楽に溺れるな

朋友!不要贪一时苟安   友よ!一時の安逸に溺れるな

要尽快的回去       早く戻るのだ

把民主的火把点燃     民主の火をともすのだ

不要忘了我们生长的地方  我々の生まれ育った場所を忘れるな

是在山的那一边      それは山の向こうにある

山的那一边        山の向こうに

台湾生まれのテレサ・テン。中国では

「白天聽老鄧,晚上聽小鄧」(昼は鄧小平の話を聞き、夜はテレサ・テンの歌を聞く)

と言われるくらいの人気歌手だった。

二人とも同じ「鄧」という名字だったからこう言い方が生まれた。

しかし大陸中国で歌うことはなかった。
[PR]
by pangxie | 2011-07-24 22:52
<< 代講した 吃多了(チードゥオーラ) >>