天天好時光

愛称

「なでしこジャパン」がオリンピック出場決定とのこと。

これ自体は素晴らしいことです。



しかし「なでしこジャパン」という愛称はどうしても好きになれません。

同時に男子サッカーの「サムライジャパン」も好きじゃありません。



いまどき「女=なでしこ」で「男=サムライ」かよ。

「なでしこ」のような女性がサッカーなんかするの?

「サムライ」だったら負けたら切腹でもするの?



こうした例えがいかに現実とかけ離れていることか。



ふと周作人の

「論不宜以花字為女子之代名詞」

(花を使って女性の代名詞とするべきではないことを論ず)

という論文の存在を思い出しました。



これは1904年に発表されたものです。

「花を使って女性の代名詞とする」習慣が100年以上たったいまでも

相変わらず残っていることに愕然とします。



声高に男女平等が謳われていても

根っこの部分では昔と何ら変わっていませんね。
[PR]
by pangxie | 2011-09-09 00:32
<< ヘトヘト 普通話と国語 >>