天天好時光

中国語のエッセンス

遠藤光暁『中国語のエッセンス』を読んだ。この本は、かつて雑誌に連載されたコラムを、ひとつにまとめたもの。

普通話と北京語の違いについて、いろいろと書いてあった。ぼくは、べつに北京語を学ぶ必要など、ないと思う。普通話だけで十分である。北京に住むなら北京語を知っておくべきであろうが、住む予定のない人に強要しても、無駄だと思うけど、どうだろうか。よって、上海に住むからには、ぜひ上海語を学ぶべきであると思う。教科書は買ったものの、最初の発音でつまづいてしまったが、あとおよそ1年のうちに、簡単な会話だけでもできるようになりたい。

この本で出色だったのは、“了”の使い方であった。ただ、基本原則は分かりやすかったけれども、例外的なものに関する説明のほうが長かったので、結局は、理解するのに、かなり時間がかかることには、違いない。

最終章の「中国語イラスト小文法」は、図や絵を使って説明しているので、分かりやすかった。文章を追うだけでは理解に時間がかかりそうなものは、図や絵を使って、理解しやすくするのも、ひとつのテクニックである。

発音に関しては、単に声調の解説にとどまらず、イントネーションについても、わりと詳しく解説している。入門者に限らず、ある程度学んだことのある、応用者にとっても、有益な本だと思う。
[PR]
by pangxie | 2006-10-03 12:49
<< 久々に 強きをくじけ! >>