天天好時光

<   2005年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

思考をめぐらせること

作品を読んだら、それについてじっくり考えること。
まさにそのとおりである。
ああでもない、こうでもないと思考をめぐらせるなかで、
自分の意見が出てくるというもの。

これまですぐに人の論を読んでみようと気持ちだったが、
今日の話を聞いて反省した。
[PR]
by pangxie | 2005-06-29 21:23

パッシングとカミングアウト

授業でいわゆるゲイ文学を読む。
そこでパッシングとカミングアウトの両戦略について考える。

去年の集中講義で
パッシングはクィア理論、
カミングアウトはゲイ・レズビアン研究の趨勢であることを
学んだのをふと思い出した。

世の中生きていく上で異性愛者は自分のセクシュアリティをわざわざ
公表することはほとんどないだろう。
ではなぜ同性愛者がわざわざ自分のセクシュアリティを、
「クローゼット」の外に向かって表明しなくてはならないのだろうか。

一方で自分のセクシュアリティを表明しなくては
他者弱者である同性愛者としての何某かの権利を獲得するための
運動ができないという困難もまたある。

しかしそうした場合においても、
自分のセクシュアリティを表明しなくては
運動ができないというわけでもあるまい。

異性愛者だって同性愛者の権利獲得運動に与したっていいのだから。
[PR]
by pangxie | 2005-06-21 22:52

講演会

講演会。
陸倹明、馬真両先生の。

馬先生の講演は、実例を豊富に挙げて、
用法の研究することの必要性を述べていたので分かりやすかったし、
うなずくことももちろん多かった。

一方陸先生のほうは、理論に関する話題であったため、
一言一言を追っていくのが精一杯だった。

講演会終了後は懇親会だったが、
今回はパスした。
[PR]
by pangxie | 2005-06-19 21:45

ボディソープ

風呂でボディソープを使おうとしたら、泡が出ない。
説明書きを読むと、リンスであった。


母がリンスをボディソープと間違えて買ってきたのだ。
[PR]
by pangxie | 2005-06-13 20:41

日曜の大学行

日曜日だが、大学へ行って勉強する。

今は万博開催中で土日などに大学へ行こうものなら、
あの満員の地下鉄に乗らなくてはならない。
だから土日は敬遠していたのだ。

それにしても試験前の図書館は、土日関係なく混み合っているのに、
平時の図書館はこれほどまでに静かなものなのかと、改めて思う。
[PR]
by pangxie | 2005-06-12 22:50

無駄足

午前中はホームセンターで壁紙を物色するも、
良いものがなく、無駄足を運ぶはめに。
昼食は久々にバーミヤンで。
近いんだけど、なかなか行く機会がないんだなあ。
[PR]
by pangxie | 2005-06-11 17:34

ロールケーキ

帰りにロールケーキが食べたくなって、
丸栄に立ち寄り購入する。

家で食べながらジョージ・エリオットを読み始める。

祝採用。
[PR]
by pangxie | 2005-06-10 23:33

キャンパスクリーン

指導教官に長大なメールを送信する。
あとで迷惑だったかな、読みにくかったかななどとあれこれ考えてしまった。

今日はキャンパスクリーン。
要するに草むしり。
毎年ちゃんと来る先生、学生と絶対に来ない先生、学生と
こうも画然としてしまうのもいかがなものか。

終わったらSさんと本山のドトールにて休息する。
聞けば奨学金の採用可否は現金振込みの有無によって判別するとのこと。
[PR]
by pangxie | 2005-06-08 20:29

読解

作品精読。一字一句にこだわるため、なかなか先に進まない。
だが無益なことをしているのではないので、これもまた一興かな。
[PR]
by pangxie | 2005-06-07 17:27

暑い一日

魯迅「孤独者」に関する論文を読む。

帰ってから英語の懐メロを聞いていた。
英語を「らしく」しゃべれるようになりたい。
[PR]
by pangxie | 2005-06-05 23:24