天天好時光

<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

一般常識

本屋を冷やかしていたら、DVDコーナーで百家講壇の魯迅編を見つけた。予告は見ていたものの、本編を見逃してしまったので、うまい具合にDVDが発売されて、運がよかった。講師は北京大学の孔慶東氏。通俗文学の研究でも有名な方である。テレビでは、魯迅のほかに、金庸や老舎についても、話していた。

いま、易中天という学者が人気である。易氏はアモイ大学の教授で、専門は中国史。三国志に関する連続講義を百家講壇でして、『品三国』という本が刊行されるや大ヒットを飛ばす。サイン会が開かれると、長蛇の列ができるという。三国志論以外にも、矢継ぎ早に本が刊行されており、売れ行きは好調らしい。少し前には紅楼夢の論議が盛んであったが、紅楼夢といい三国志といい、いずれも中国人にとっては一般常識なんだと、改めて考えさせられた。
[PR]
by pangxie | 2006-08-31 09:11

あっという間の夏休み

あっという間に、夏休みが終わろうとしている。来週月曜日からは授業が始まる。宿舎も、にわかに騒々しくなった。少し前までの静寂が、まるでなかったかのようである。

先生からいただいた本を、全然予習していなかった。授業が本格的に始まるまでに、少しは読み進めないと。。。なにせ先生の南方なまりがすごいので。

そういえば、ずっと買おう買おうと思ってたMP3。買うのをすっかり忘れていた。ICレコーダーを買ったものの、パソコンに移すのが面倒で、結局少ししか使わなかった。こんなことなら、最初からMP3を買っておけばよかった。
[PR]
by pangxie | 2006-08-30 01:18

自転車

放置自転車全国ワースト1は、名古屋駅だそうである。自転車は排ガスを出さないから、環境にやさしいはずである。だから、もっと乗り回してよいはずである。それなのに、利用者のマナーが悪いせいで、人に迷惑をかけてしまっている。点字ブロックの上に止めてあるのは、特に迷惑である。その一方で、自転車を止める場所がないのも、事実である。名古屋駅など、駐輪場は、ほとんどない。駐輪場をもっと増やせば、迷惑行為もちょっとは少なくなると思う。

上海に来てから、自転車を2台買ったが、2台とも盗まれてしまった。宿舎の前あるいは地下駐輪場に止めていたのに、である。構内だから安全、というわけにいかないのは、日本も同じだが、2台とも盗まれるなんて、本当についてない。じつは、日本でも、2台盗まれたことがある。1台目は、八事から大学まで地下鉄が開通してなかったとき。某大学の前の無料駐輪場に止めていたが、夏休みの間に盗られてしまった。2代目は、大学構内で盗まれた。池下の警察署に盗難届を出したが、何の音沙汰もなく、あきらめかけていた頃に、おかしなおじさんが、何と、家まで乗ってきた。わざわざ届けてやったのだから、帰りの交通費をよこせ、と言う。そんなお金払うつもりはない、と言って、外で口論していると、弟が出てきて加勢してくれた。そしたらおじさんはおとなしく帰った。

なぜぼくの家が分かったのだろうか。自転車には電話番号だけで住所は書いてなかったから、きっと電話帳で調べたのだろう。いったい誰が盗んだのか。果たして、あのおじさんは、本当に好意で持ってきたのか、それとも、おじさんが自分で盗んで、金をせしめるために、わざわざ乗ってきたのか。

よく分からないけれども、拾得物は交番に届けるのが、市民の義務であるから、そんないわれのない金を払う必要はないはずである。謝礼目当てに家まで押しかけてくるなんて、なんて卑しい人だろう。自転車が戻ってきても、あまり嬉しくなかった。
[PR]
by pangxie | 2006-08-29 11:32

いつの間にか

中文系が、いつの間にか、引越ししていた。前の人文学院の建物ではなくて、光華楼(ツインタワー)西側にある。光華楼は、宿舎から近いんだか遠いんだか、じつに微妙な位置にある。

教務のZ先生のいるところに行って、時間割を写させてもらった。Z先生が言うには、今学期から、本科生と普通進修生は従来どおりZ先生の担当で、研究生(院生)と高級進修生は、別の先生が担当される、とのことであった。

それにしても、教室の表示方法が分かりにくい。HGX○○○○と書かれているのは、「邯郸校区(H)」「光华楼(G)」「西侧(X)」の○○○○。H6○○○は、「邯郸校区(H)」「六教(6)」の○○○。初めて見たときは、何だろうと首をかしげたものである。今日も、見てしばらくしてから、ようやく思い出した。

今学期は、指導教授の、本科生向けの授業が、開講される。ゼミもやるのだろうか。聞いてみないと分からない。あと、ほかの授業にも出るつもり。漢語班の授業は未定。いまは試験対策を頑張りたいので、塾だけにしてもよいかな、と考えている。ダラダラ授業に出るよりは、ちょっと緊張した雰囲気の中で勉強したほうが、確実に身につくと思う。
[PR]
by pangxie | 2006-08-28 13:35

笑い話

中国同学に、笑い話を教えてもらった。

开车去外地,行至高速公路,看见路上有许多标语和路牌。
仔细观察,发现其中原来有深意。
一开始行至一立交桥,桥上有一大幅标语,曰:
“高举 邓小平理论的伟大旗帜。”旁边交通标志写着:“限高4米”。
没开多远,又见一路边标语牌,写着:“紧跟社会主义步伐”,
不远处又一路牌写着:“请保持距离”。
再往前开,又一标语写道: “加快社会主义建设脚步”,
前方一路牌紧跟其后:“限速100公里”!
又开了一会儿,又一标语牌上写着:“坚持走社会主义道路”;
紧跟着又一路牌写着:“此路不通,请绕行”。
[PR]
by pangxie | 2006-08-28 00:19

物欲に負けないで

どんどん、どんどん、読んでない本がたまってくる。ちょっとずつ読んでいるものの、なかなか進まない。先生にいただいた本も、全然読んでない。。。もうじき授業が始まるにも拘わらず、である。それに、日本からいくつか新しいのが届くことにもなっている。。。困った困った。こうも積読状態を放置している自分に、あきれてしまう。

現代漢語大詞典の入った電子辞書。ときどき、これがあれば、とても便利だと思う。文学作品の読むときに、重宝するはずである。魯迅を研究している先生が、現代漢語大詞典はぜひ持っておくべき、と力説していた。それが電子辞書で使えるなんて、何と便利なことだろう。あと、日本で出た最新の電子辞書も欲しい。講談社の最新版中日、日中辞典ばかりか、さらに現代漢語詞典や中日大辞典が入ってるなんて、何と魅力的なことだろう。でも、張愛玲の作品を読むのには、やっぱりこれらだけでは難しいだろう、とも思う。ぼくのことだから、買ったところで使わずじまい、なんてことにもなりかねない。いや、そうなるに違いない。これまで衝動買いばかりして後悔してきたが、これからは節制して、よくよく考えてから行動しないと。しばらくは、紙辞書でがまんする。
[PR]
by pangxie | 2006-08-27 15:30

動物虐待

塾には、ネコやイヌが何匹もいる。先日、先生が、最近は「打狗」があるから、外に連れて行けない、とおっしゃっていた。

中国では、ペットを飼う際には、お金を払って、許可証を得る必要がある。しかし、塾のペットは、許可証を得ないで、違法に飼っているものである。警察は、時折、こうした違法行為を取り締まる。それが、「打狗」である。違法に飼ってるペットを取り上げて、文字通り「打」、つまり、殺してしまう。

狂犬病の問題などがあるので、確かに、違法に飼うのはよくない。しかし、罰金だけではなく、取り上げて殺してしまうのは、いかがなものか。

同じ日の夜、友人に呼ばれて、浦東ヤオハンに行ったときのこと。夕食を済ませて、外を散歩していると、10代とおぼしき少女が、噴水の前で、小犬を歩かせていた。ラブラドールレトリーバーにそっくりな、まだ生まれて1週間くらいのであった。片手で持ち上げて、何をするかと思えば、何と、噴水の中に放り投げたではあるまいか。小犬は必死に顔を上げて、苦しそうにしていた。ヤオハンの前は、市民の憩いの場みたいになっていて、多くの人が涼みに来ていた。彼らは最初は黙ってみていたが、その女が、何度も小犬を水の中に放り込むので、みんな、見かねて、可哀相ではないか、死んでしまうではないか、と抗議した。少女は笑っているだけであった。
[PR]
by pangxie | 2006-08-27 09:02

テーマにウンザリ

ここに書くことは、ちゃんと用意しているのだが、まずは塾の作文をしなくてはならない。テーマは、「安楽死」。中国人の好きな二大テーマのひとつである。いまひとつは、「クローン」。留学生用の教科書には欠かせない、この二大テーマ。何を書けばよいのやら。
[PR]
by pangxie | 2006-08-25 21:23

苟さん

「苟」という姓がある。

この姓の人を、どのように呼べばよいのだろう。苟は、「狗」(イヌ)と同じ発音gou3である。「狗」は、ペットのイヌのほか、人をののしるときに使う言葉でもある。日本にも、「アメリカのポチ」なんていって、日本の政治のあり方を批判する人がいた。中国のは、それよりももっと辛辣なニュアンスを持っていると思う。

老~、小~、というように、~の部分に姓をつけて、相手に親しみをこめて呼ぶ言い方がある。親しい目上には老張、同輩後輩には小張などと呼ぶ。しかし、苟さんの場合、決して、老苟などと呼んではいけない。同じ発音の老狗は、クソ野郎ほどの意味があって、人をののしる言葉である。小狗は、子犬ちゃんといった感じで、ちょっと小ばかにしている感じ。狗先生も、なんだかしっくりこない、笑いを誘うような言い方であるという。かといって、フルネームで呼ぶのは、あまりにもなれなれしい。

リンク:氏名変更が認められるには
[PR]
by pangxie | 2006-08-23 10:01

星型月餅

店に、月餅の予約受付だの、お得な月餅引換券だのの広告が、張り出されるようになった。今日、スターバックスに行ったら、ここでも月餅が置いてあった。しかし、名前こそ月餅なれど、形は円形ではなくて、スターバックスだけに星型である。しかも、高い。6個入りで、なんと378元。なぜこんなにするか尋ねたら、6個の月餅のほか、8枚の珈琲チケットがついている、ということであった。チケットが1枚25~30元くらいとするならば、月餅1個あたりは34~44元か。それでも、高い。値段のことを尋ねたので、味見をさせてくれた。珈琲味、テェラミス味、あと黄色いの(何味か忘れた)の3種類。タダで食べれて、ちょっとお得だった。

そもそも月餅は、人にあげることが多いという。だから、お得な引換券などがもてはやされる。人にあげるということは、メンツを重んずるお国柄、やはり、見栄えのよいものがいい。そういうことで、近年は月餅のパッケージを華美にしたり、主役の月餅以外に豪華な「おまけ」をつけたりするのが、流行っている。中国同学によれば、政府は、月餅そのものの価格の4割を超える「おまけ」を、禁止したそうである。たとえば、10元の月餅なら、4元以下のおまけなら許される。
[PR]
by pangxie | 2006-08-21 17:41