天天好時光

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

一時帰国(2)

テレビドラマ。面白いものがない。昨日「ハチミツとクローバー」を見てみたが、所々に散りばめられている小ネタが、どれもこれも、つまらなかった。鬱陶しくさえ感じられた。これは「のだめ」でも感じたこと。こういう作風がはやりなのかもしれない。いや、小ネタなどより私はヒロインの「はぐみ」が嫌いなのだ。

他のドラマも相変わらずのメンツで、ちょっと前に話題になった俳優を安易に起用して、新鮮味がない。改変期にこうした連中が番組宣伝でバラエティに出てくるのも、どうにかしてほしい。しょせん連中はどこでも飾り物でしかない。連中を見たい視聴者を当て込んで、視聴率を稼ごうとしているだけ。ドラマも内容は二の次なのである。

クイズ番組が増えたような気がする。漢字を読めだの計算しろだの、常識を問うものばかり。この手の番組は、結局、何も分からない一部のタレントやアイドルを引っ張り出し、小ばかにしているだけなんだけど、やっぱり見ていて気持ちのよいものではないな。

クイズ以外のバラエティでは、芸人どもが視聴者を笑わせようとしているというよりは、内輪の話題で盛り上がっているだけ。つまらん。漫才上がりの司会者も、大物ぶった尊大な態度、しかも大して面白いことを言っているわけではない。

NHKの中国語会話。生徒役かアシスタントかよく分からんが、要らない。発音が全然正しくない。映画の紹介やインタビューも結構だが、もう少し濃密な内容にしてもらえないものか。私は以前、92年度の陳真先生担当の講座を見て、中国語を勉強したいと強く思ったことがある。

あの講座はスキットが充実していた。ニーハオ北京というタイトルで、俳優の朱旭や舞台女優の史可が出ていた。実例や応用会話などでは、自然な速さの中国語を時間いっぱい聞かされて、聞き取りの練習もできた。北京の路上で撮った映像から、中国のさりげない風景を垣間見ることもできた。これは特例かもしれないが、当時の榎本先生や山下先生の講座も、スキットは充実しており、テキストの解説を通読するだけでも、かなりの語彙、構文を覚えることができたのである。今やネットやCS放送で中国映画や音楽などすぐに視聴できるんだから、NHKではもっとお堅い番組を提供してくれればいいのに。

ないものねだりは承知の上で、文句ばかり書いてしまった。
[PR]
by pangxie | 2008-01-30 13:39

一時帰国(1)

只今一時帰国中。

上海の学生が名古屋に短期語学研修に来ており、様子を見に行く。滞在先の大学は祖父母の家に近く、私の家からも電車一本で行くことができる。だが普通しか止まらないので少々不便。

まず担当者の先生にご挨拶、それから学生と合流。マンスリーマンションに住んでいると聞いていたので、日用品などはすべて整っていると思いきや、部屋には何もない。台所には冷蔵庫と炊飯器、ガスレンジがある。テレビとかベッドも備え付けだと思った私は甘かったのか。ネットなど当然不可。かといって、短期滞在だから買うわけにもゆくまい。

日曜日は授業がないということで、名古屋市内をぶらり。名駅のセントラルタワーやルーセントタワーを見物。それから昼食をとり、ビックカメラへ。主任が日本のノートパソコンを買ってきてほしいと、しかも中国語バージョンがほしいと言っていた。中国語バージョンはS社のもののみ置いてあったが、この会社のものはどうしても薦めたくない。学生に相談したところ、日本語のものでもしばらく使っていれば慣れてくるはずだから問題はない、とのこと。とりあえず主任に連絡し、了解を得ることにした。

名駅の後は栄まで。ロフトをちょっと見てから、学生がCDがほしいというから、パルコのタワーレコードへ。それにしてもパルコは相変わらず。オシャレに夢中な、若者たちばかり。私のような服装に無頓着な者は来てくれるなとばかりでも言いたげな様子。彼らのような、自己顕示欲の強い連中は、私は苦手である。人は普通、顔に目がゆくものだ。ところが連中の場合、私は顔ではなく、服装に目がいってしまう。連中は往々にして顔は大したことがない。どうせなら服装ばかりでなく、顔も変えてしまえばよいのに。そこまでは気が回らないのだろうか。

それから大須へ。とりあえず行っておこうということで。ここもほとんどが服屋なので、とくに見るべきものはなし。私は以前は買い物狂いであれこれと買ってはひとりで喜んでいたのだが、最近はそうでもない。最低限必要なものしか買わなくなってしまった。
[PR]
by pangxie | 2008-01-24 13:23

恵まれている/恵まれていない

日本へ留学に行きたくても行けない学生が、何人もいる。私なんか、上海で十分なのに、と思うけど。

行けないと余計に行きたくなるのだろう。この気持ち、よく分かる。

日本人でも、海外留学できる人は、恵まれているのだ。とくに20代前半までに留学できる人は。

語学研修なんだから、つべこべ言わずに、語学を勉強すればいいじゃないか。こう思っているからか、先日、キツイことを言ってしまった。

相手が自分にはセンスがない、というから、私は、センスの問題じゃない、辞書を引かないだけだ、そもそも貴方の学習態度に問題がある、などと。

人に偉そうに説教するものではない。反省。

私の場合、大学院に入ってから、ようやく留学できた。それまでは、いろいろわけがあり、行けなかった。

あまり恵まれていない。

大学生の頃に来ていたら、また別の楽しみ方もできたかもしれない、と思っている。

先生の世代は、国交がなく、留学などできるわけがないという。よって留学経験なし。私よりももっと恵まれていない。

でも、短波ラジオで中国語のニュースを聞き勉強したとか、革命模範劇の台本で勉強したとか、努力があった。

私は留学組よりも出来ないのが悔しかったので、CSの中国チャンネルを契約して、毎日見て勉強した。

語学留学に来ている20代前半よりは恵まれていないけど、先生よりはずっと恵まれているから、ちゃんと勉強して、留学の「成果」を出せるようにしないと。「成果」が出るのは、いつになるやら。。。と先輩同学が次々に卒業していくのを目の当たりにしつつ。
[PR]
by pangxie | 2008-01-12 02:24

醜態を晒す

日曜日。期末試験。朝から学校に行き、聞き取りの試験に顔を出す。昼は無料で食べられる食堂で済ませ、もうひとりの先生と昼からラッフルズにある「仙踪林」(踪の字、これで正しいか自信なし)で。地下でリリアンのエッグタルト(チーズとふつうのを4つずつ)と日本式の豆菓子を買って、学校に戻る。やはりチーズのほうが好評だった。

学校に戻ってからも、しばらくは採点作業に追われた。平均点を計算するのが恐い。半分近くが90点以上だったので。難しくすると落ちて再試することになるから、簡単なものを出したのだが、これでよいのかどうか。それでも欠点が2人いたけど。

夜は日本語部の打ち上げ&忘年会。忘年会と言うのは、中国では新年を旧暦で迎えるから。学校と同じビルにある湖南料理店にて。

ここで黄酒を飲んだのがいけなかった。途中でビールを挟んだのもいけなかった。泥酔してしまった。記憶があいまいで、一体全体、私は何をしでかしたのだろう。起きたときはものすごい頭痛で、久々の二日酔いを体験。何年ぶりだろうか、こんなに酔ったのは。

同僚の先生に謝ろうと電話をかける。相当ひどかったようだ。店内で二度転倒し、中国語でひらすら「等一下」を連呼していたらしい。膝に青あざが残っている。

どんな顔して学校に行けばよいのやら。
[PR]
by pangxie | 2008-01-08 00:15

タイミング

てっきり壊れたとばかり思っていたMP3。USBでパソコンに接続しても、充電できないし、何の反応も示さないので。ケーブルを変えてみたら、ちゃんと接続できた。もっとも、スイッチが欠損するわ、画面は割れてしまうわで、「壊れかけ」であることには変わりはないのだが。それでも音楽を聞くことができる、録音もできる。まだまだ現役である。

一時帰国のときに買いなおすつもりだったが、余分な出費をせずに済み、一安心。

私の住むマンションで、一斉に水道管工事を行うらしい。もちろん工事は構わないが、はじめに時間を予約して、こちらがいつ在宅かを確認してもらいたい。年末は朝から晩までほとんど学校に出ており、留守にしていたが、「貴方の部屋だけ工事が終了していません」などと張り紙されても、そもそもいつ来るか分からない、連絡先も分からない、これではどう対処してよいのか困る。

昨日も同様の張り紙がしてあった。今度は連絡先が書いてあったので、電話をすると、早口でなんたらかんたらまくし立ててきた。きっと文句を言っているのだろう。こちらも、ずっと忙しく家を開けていた、土曜(つまり今日)の昼以降なら時間がある、と伝え、電話を切った。

昼以降、と明確に言ったにも関わらず、なんで朝8時に来るんだよ。まったく。

こちらも予定があり、相手の思うようにはいかない。せっかくのご足労を申し訳ないが、丁重に断らせていただいた。
[PR]
by pangxie | 2008-01-05 10:17

試験開始

今日から試験が始まる。日本語関係のものは、精読と視聴のみ。あとは鄧小平理論(鄧論)、多媒体(メディア=パソコン操作)、語文、英語など。

はじめは精読だけ作ればよいと思っていた。それでもA巻とB巻を作らなければならないから、大変だ。A巻は通常の試験期間中に実施するもので、B巻は不合格者のための再試用。

ナントカできあがり、主任に提出した。主任はこれでよいのではと、何の修正も求めてこず、校長に決裁を仰ぎに行った。校長は日本語が分からないが、どのような形を問題を出しているか、何を問うているか、細心にチェックした。問題そのものにはとくに異議はないが、配点を明記しておくように、と注意された。

問題は、動詞の活用5題、翻訳問題10題を除けば、すべて選択式。一応日本語試験の様式に沿ってしてみたものの、範囲が狭く、どうしても似たような問題が重なってしまった。もともと比較文や形容詞述語文なども範囲に入れていた。ところが別のクラスがまだそこまで進んでいないということで、急遽、範囲を狭めたのである。

問題作成から解放され、あとは宿題でも作ろうかな、とのんびりしていたら、主任が、今度は視聴の問題も作らなければならない、と言ってきた。視聴は非常勤の担当だから、私には関係がないと他人事のように済ませていたら、非常勤は親が来るからしばらく忙しいとのこと。結局、主任は私に作るよう求めてきた。

私はなんでこんな締め切り間際に言ったのか、抗議した。主任は視聴の試験があるのをすっかり忘れていた、と。これでは私を「健忘症」などと笑ってはいけない。あなたも相当に健忘症ですよ。

視聴の問題は、7割が聞き取り。聞いたものを書き写す、聞いたものを翻訳し訳文を書く、朗読を聞き設問に答える、の3形式。3割のスピーチは、半分ボーナスみたいなもので、課題文を朗読する、簡単な自己紹介をする、の2形式。これでも学生に配慮しつつ、A、B巻の2つ作らなければならないから、大変だ。

これでもし特別手当がなかったら、とてもじゃないが、やってられないよ。だって問題作るの私だけなんだから。普通こういうのって、先生が集まり相談して作るもんでしょう。

あとは冬休みの宿題の準備が残っている。
[PR]
by pangxie | 2008-01-05 09:53