天天好時光

<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

適当に書く

年は3年もとったのに、頭は3年前と変わらない。
いやむしろ退化している。

最近、名古屋で北海道物産展があちこちで行われている。
松坂屋本店に始まり、三越、名鉄、高島屋。

名古屋の主要デパート総なめ。
やりすぎだ。

ジェイ・チョウの新曲のひとつ「蘭亭序」を聞いた。
他の曲よりも発音が聞きやすかった。
日本語学校の学生曰く、ジェイ・チョウは「帥」ではなくて「酷」なんだとか。

レポートを書くのに使おうと思った参考書。
箱に入れたまま。
出すのが億劫だったので、図書館のを利用。
最近、こういうパターンが多い。
[PR]
by pangxie | 2008-10-30 21:53

今は困る円高

株が暴落している。そして円高ドル安。輸出に頼っている日本経済は、これで大きな打撃を受けるという。

今日のレート。日本円対人民元。1円=13.57元。

ということは、10000円=736.92元。

ほんの1ヶ月前の相場は、10000円=645.16元。

91.76円の差が出ている。
[PR]
by pangxie | 2008-10-27 23:32

ほっと一息

授業で発表するレジメを作成。

まだ途中までだけど。

疲れたので、甘いものを食べて休憩。

昨日お土産でもらった日本橋・文明堂のカステラ。

a0033977_23134110.jpg


長崎文明堂のカステラももらって食べたことがあるけど、パサパサしてイマイチだった。

やっぱり日本橋のほうが好きだ。

ほっと一息。

(写真は文明堂HPのを借用)
[PR]
by pangxie | 2008-10-25 23:16

懐かしいもの

本を整理していたら、懐かしいものが出てきた。

中学生の頃に自習していたNHK中国語会話のテキスト。

a0033977_22262147.jpg


1993年のことだった。

日本人と見まがうばかりの流暢な日本語を話される陳真先生と、永年中国語会話の顔として親しまれていた榎本英雄先生が、当時の講師だった。

とくに楽しかったのは、陳真先生の講座のスキット「你好北京」。あれを超えるスキットはないと思う。

講座の途中から学び始めたので、ピンインの読み方が把握できておらず、テキスト本文のピンインの上に、さらに自分でルビをつけて、発音を真似していた。

4月になり、ラジオ講座も同時に聞き始め、ピンインの規則を覚えた。いつまでもできなかったそり舌音が、ある日突然できるようになったあの感動は、今でもよく覚えている。そういえば、自転車もそうだ。何度も転んで失敗し続けているうちに、突然乗れるようになる。
[PR]
by pangxie | 2008-10-23 22:28

栗きんとん

「栗きんとん」といえば、川上屋。
岐阜・中津川に本店があり、名古屋では名鉄百貨店で買うことができる。

a0033977_0105328.jpg


ここの隠れ名物は、「柿の美きんとん」だとか。
干し柿の中に栗きんとんが入っている。
まだ食べたことがない。

11月から販売するそうなので、今からちょっと楽しみ。

「栗きんとん」を中国語でなんというか調べてみた。
すると、「栗きんとん」では載っておらず、「きんとん」で載っていた。
訳語はなく、そのものの特徴的なことだけ書いてあった。

「白薯泥加栗子或豆的一种甜食」
(さつまいもの餡に栗や豆を足した甘いもの)

でも、これはおせち料理に入っている「きんとん」で、川上屋が売っているのは和菓子の栗きんとん。違うのである。

こういう中国に浸透していないものを、中国人に説明するのは大変だと思った。

(写真は、川上屋ホームページのを借用)
[PR]
by pangxie | 2008-10-23 00:19

意外な素顔

「真鍋」という日本人が開いたらしい喫茶店が、上海でチェーン展開している。

ひとりでHSK対策の勉強に利用していた今は無き襄陽広場前の「真鍋」。

場所のわりに空いているから、浦東を歩いて疲れたときによく行った、正大百貨の何階かは忘れたが、とにかく中にある「真鍋」。

南京路で夕食を済ませた後、口直しにたまに利用していた、世茂百貨の「真鍋」。

08年冬のある夜、揚州飯店で食べ過ぎた後、この世茂店に行ったところ、店はもう無くなっていた。

確かにいつ行っても客が少なかったので、きっと儲からなくて店を畳んだのだろう、こう思っていた。

ところが、この店は公安によって強制的に閉店させられた、とのこと。

じつはこの世茂店、ぼったくりバーでもあったのだ。

南京路で外国人を引っ掛け、ここに連れて行き、裏メニューの高級酒を法外な価格で飲ませるという、お決まりの悪辣極まりない手段で暴利を貪っていたのである。

本社はこのことを知らなかったらしい。

被害者がその場では値段を払ったものの、のちに抗議して、事が露見した。

正当な価格で普通にコーヒーやケーキを飲食していたから、この店の裏の顔を知って、びっくりした。

一見ありふれた喫茶店でも、こういう事ってあるもんだなあ。
[PR]
by pangxie | 2008-10-21 23:30

ボケ

大学の帰り。

バスに乗ったが、途中で寝てしまって終点まで気づかず。

近くに座っていたおばさんに起こしてもらった。

電車やバスに乗って寝てしまっても、いつもは降りる直前に起きるはずなのに……

こんなこと初めて。

やっぱりボケてるわ。
[PR]
by pangxie | 2008-10-19 19:41

読む

久々に中文関係の研究書を読んだ。恥

日本語教師をしていた時、読もう読もうと思っていたが、日々の瑣事にかこつけて放置してきた。

年輩の先生がお書きになったものだが、その文章のうまさに、改めて感嘆した。

私にはおそらくいつになってもあのような文章は書けないだろう、と思った。

それから、欧米の理論書の一章(翻訳)を読む。

こちらは難解な用語がたくさん出てきて、途中で放棄。

日を改めて、元気な時に、読み直す。

それにしても、欧米の本って、難しい。

単に翻訳の問題だけじゃなくて、なんと言うか、論の運び方とか、例の出し方とか。
[PR]
by pangxie | 2008-10-17 23:08

子供の話

「フランダースの犬」を読んだ。なんとなく読みたくなったので。

小学生の頃、アニメで見たことがある。

でも、断片的に見ただけで、ストーリーはよく覚えていなかった。

今中日新聞に連載中の「灰かぶり」。

グリム童話「シンデレラ」は、もちろん読んだことがある。

連載されているのは、子供向けに改編されたものではなくて、原版。

意地悪な姉が灰かぶりの置いていった靴を履くため、踵や指を刀でそいでしまう場面は、

読んでいておどろおどろしい。
[PR]
by pangxie | 2008-10-16 13:02

久々の更新

中国では、3月あたりからずっとエキサイトブログが開けないでいた。おそらくチベットの一件が原因だと思うけど、それ以降も半年以上つながらないまま。だから、更新をあきらめていた。

9月29日に完全帰国し、再び名古屋の食えない院生生活に戻る。

これから、ぼちぼちマイペースで更新する予定。
[PR]
by pangxie | 2008-10-14 21:11