天天好時光

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

不景気

9月のリーマンブラザーズ破綻以来、一気に不景気風が吹いて、今では派遣切りとか内定取消とか暗いニュースばかり。それまでは不景気なんて話ほとんど聞かなかった。もっとも上海にいたから、そういうニュースがあっても知らなかっただけかもしれないが。

それにしても日本を代表する名だたる企業の薄情なこと。某自動車会社なんて内部留保が10数兆もありながら、それを派遣のために使うことを公然と拒否するとは。必要な時には低賃金で酷使し、不要な時には容赦なく切り捨てる。そもそも派遣会社なんて昔の口入屋のようなもの。こんな労働の在り方は結局大企業と派遣業者を利するだけで、労働者には何の得もないのである。

こういうニュースはやはりNHKが強い。アメリカで行われている期間工のための資格取得教育を紹介するなど、いろいろな角度から派遣切りの問題を扱っていた。一方、民報は大企業から莫大なスポンサー料をもらっているため、到底批判などできない。まったく。情けないの一言に尽きる。

さらに情けないのは自民党と民主党。名前こそ立派だが派遣切り問題に真摯に向き合っているとは思えない。結局大企業の献金があるから、正面切って批判できないでいる。一方、共産党は、こういう問題にめっぽう強い。相手が大企業だろうとお構いなし。堂々とものをいう。
[PR]
by pangxie | 2008-12-29 00:10

泥臭いって、何が?

本読んでたらM1グランプリ見るのを忘れてしまった。

ヤフーニュースのトピックスに「G大阪 泥臭くつかんだ世界3位」とあって、サッカーによく使われる「泥臭い」プレーとは具体的にはどういったプレーなのか、気になった。

手持ちの電子辞書で「泥臭い」を調べてみると、「あかぬけていない。やぼったい」とある。〈洗練されていない〉ということだが、記事にはただ「負傷者を抱えるなど傷だらけのG大阪にとっては、泥臭くつかんだ“世界3位”の称号だった。」とあるのみで、何が「泥臭い」のかが述べられていない。

スポーツ関連の記事には、こういうわけのわからない用語法が多く、読んでいてどうもすっきりしない。
[PR]
by pangxie | 2008-12-22 01:15

モンテール万歳

ジャスコなどのスーパーやコンビニに売っている洋菓子製造会社「モンテール」のロールケーキを食べた。先日名古屋にいらっしゃった甘いもの好きの復旦同学が、今流行の堂島ロールなどよりもずっとおいしいとおっしゃっていたので、食べてみようと思った。

確かにおいしかった。しかも一本378円とお値打ち。

これまでモンテールの商品のうち、シュークリームとワッフルしか食べたことがなかったが、同学のおかげでまたひとつお気に入りが増えた。そういえば、セブンイレブンで買ったレアチーズのどら焼もモンテールだった。
[PR]
by pangxie | 2008-12-18 23:54

consolation

作品読解について「印象批評」だと批判したり、あるいは自嘲気味に語る人がいる。そういうのは読書感想文であって論文ではないと批判する人がいる。でも、作品の読み方には時代の影響があり、時代が変われば別の読み方があるはずだ。これまでにない、新たな読み方の「発見」は、それは充分「研究成果」と言えるものである。だから、作品読解も、読み手を納得させられるものであれば、大いに「アリ」だと思う。

「写小说应当是个故事,让故事自身去说明,比拟定了主题去编故事要好些。许多留到现在的伟大作品,原来的主题往往不再被读者注意,因为时过境迁之后,原来的主题早已不使我们感觉兴趣,倒是随时从故事本身发现了新的启示,使那作品成为永生的。」(張愛玲「自己的文章」より)

(和訳
小説を書くことは物語であるはずで、物語そのものに説明をさせることは、主題を打ち立てて物語を構成するよりもずっとよい。現在まで残っている多くの偉大な作品は、もとの主題は往々にしてもはや読者の注意を引かない。なぜなら時を経て状況が変わり、もとの主題はとっくに我々の関心を呼ぶことはないからである。その時その時により物語そのものから新たな啓発を発見し、その作品を不滅にさせる。)

張のこの文章は、作品読解を研究課題としている私にとって、大いに慰めとなるものであった。
[PR]
by pangxie | 2008-12-18 00:27

授業終わる

今年(今学期じゃなくて)の授業が終わった。

完全帰国して久々に参加したゼミは、とても充実していて時間の経つのが早かった。

1月にはゼミの続き、2月初めには博論の構想発表会がある。

構想発表会に向けて、目下、基礎的な資料を読み直している最中。評伝も2、3冊読んでおかないといけないけど、こちらはなかなか進まないでいる。

参考にこれまでに発表した人のレジュメを見てみた。すると、参考文献欄にとりあえず必要そうなものを片っ端に挙げただけと思しきものが多々あって、こういう見栄を張るべきではないと思った。

そもそも参考文献など発表で必要かどうなのかも疑問だが、決まりになっている以上は従わなくてはいけないので、仕方がない。

図書館からまた図書返却の催促メールが届いた。まだ2週間経っていないのにである。前回延滞したから、警告のつもりだったのだろうか。こうした余計なことを考えていたせいか、論文取り寄せの依頼を忘れてしまった。
[PR]
by pangxie | 2008-12-17 00:52

餐旗

さっきNHKの中国語会話を見ていたら、「餐旗」という単語が出てきて「テーブルセンター」と訳していた。「餐旗」という単語は手持ちの電子辞書に載っていなかったので、ひとつ勉強になった。

それにしても、生徒役の小池某の発音がまったくダメ。生徒役のタレントを据えてあたかも模範受講者のごとく扱うやり方で番組を作るのを、そろそろやめたほうがよいと思った。

模範発音をする若者中国人二人の発音も正確じゃない。最後の場面で、中国男が今日のフレーズ「真是漂亮極了」を復唱したのだが、ピンインではzhen1shiと「是」が軽声になっているにもかかわらず、zhen1shi4と「是」を第四声に発音していた。

模範発音には若者じゃなくて、年配のベテランの人を起用すべきだと思った。
[PR]
by pangxie | 2008-12-16 00:17

解釈について

火曜日のゼミ。作品精読。

次の文の解釈をめぐって討論。

「~,她只記得過街樓下水濕的陰影裏有個皮匠攤子,~」

話題になったのは「過街樓下」をどう解釈するか。

私が「過街樓」(路地にまたがって作られた建物)+「下」(過街樓を場所化する方位詞)だと主張したら、この部分を担当する中国人発表者が「過街」(街の向こうの)+「樓下」(建物の下)と解釈すべきだという。

私は発表者の解釈には、2つの問題があると思う。

①「過街」に「街の向こう」という意味があるのかどうか。

②「樓下」はふつう「階下、下の階」と訳す。「建物の下」と訳してよいのかどうか。
[PR]
by pangxie | 2008-12-12 02:22

有朋自上海来

先週4日より上海から友人と日本語学校の学生、そして友人の勤める会社の関係者数人が来ている。

会社の出張で来ており、会ったのは4日と7日。4日はすぐに長野に移動しなくてはならないということで、神宮前のミスドで少ししゃべっただけ。7日は日本語検定の後、名駅で集合、ビックカメラ、高島屋での買い物に付き合い、それから手羽先で有名な「世界の山ちゃん」で夕食。手羽先は鶏好きの中国人ならきっと気に入るだろうと思って、山ちゃんに行った。

山ちゃんの手羽先は安い。5本で400円。ピリ辛でビールによく合う。難点は人気店で待ち時間が長いこと。予約を入れておけばいいのだが、駆け込みで入るには不向き。

家に帰って、友人のくれた西湖龍井を飲む。中国のお土産をことごとくけなしていた家族も、今回はおいしいと言って飲んでいた。

それにしても久々に生で聞いた上海語。いいなあ。

a0033977_07183.jpg

[PR]
by pangxie | 2008-12-10 00:07

不誠実な社員に怒る

OCSは一般企業がやっている、国際配達サービス。

OCSはEMSと違って、本当にサービスが悪い。

先月のこと。上海からOCSで書類を送ってもらったのだが、ネットの追跡調査では上海で受け取った翌日には大阪着、となっているのにもかかわらず、ちっとも家に配達に来なかった。ところが、私が電話で文句を言ったら、その日のうちに持ってきたではないか。日本到着後すぐに配達せず、どこかに放置されていた疑いがある。

そして今日。ネットの追跡調査で11月27日にすでに大阪に到着しているはずの書類が届かない。前回同様どこかで止まっているのかと思って、電話して文句を言ったら、なんと紛失したとのこと。

ネットではちゃんと大阪着と書いてあるのに、到着した形跡がない、などと言う。大阪で受け取ってもいないのに大阪着なんて書いたとすれば、虚偽の情報を提供して顧客を騙したということになる。

さらに、27日に着くはずが着いていなかったのでずっと探していた、なんて言い訳するから、非常に腹が立って、なぜ問題が発生した時点ですぐに私に連絡しないのか、と文句を言った。27日に紛失の可能性があったのだから、28日は調査に費やしたとしても29日には私に連絡をして、到着が遅れることを報告するべきである。なぜならネットの追跡調査通りにいけば、遅くとも29日には我が家に到着しているのだから。

今回の書類は学生の受験願書が入っている。〆切は8日。それまでに願書に書いた内容に不備がないかチェックし、受験料を支払って、書留で大学に送付しなくてはならない。受験料が日本の銀行窓口でしか受け付けていないから私に送ってきたわけだが、金曜までに届かなければ間に合わない。

このことを言うと、OSCは書類の中身までは聞いていなかった、などと嘯くではないか。

不誠実なこと極まりない。

OCSはまったく当てにならない。今後はEMSで送らせる。
[PR]
by pangxie | 2008-12-03 01:07