天天好時光

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

筆記体・ブロック体

エキサイトのコネタに、次のような記事があった。

----------------------------------
先日、「今の中学生は学校で筆記体を教わらないから書けない」という話を聞いた。「えーそうなの?」と、その場にいた高校生と中学生の子どもがいる知人に訊ねてみたら、「上の子は書けないね~。下の子はノートをはやく書きたいからって独学で覚えたみたいだけど」という。

自分が中学生の頃は“筆記体のテスト”があったような気がするし、「スラスラと筆記体で文字が書けたら、なんだか外国の女の子みたいで格好いい!」という、今思うと恥ずかしくなるような理由で、4本の線が入った英語用ノートを使って熱心に筆記体を練習したものだったが……。いつから学校で筆記体を教えなくなったのだろう?

文部科学省に問い合わせてみたところ、「筆記体は、平成10年に改訂された学習指導要領から『教えることができる』という記述に変わり、必須ではなくなりました」とのこと。授業時間が減ったことなどによる負担を考慮して、というのが理由らしいが、やっぱり現場でも「教えることができる」=「教えなくてもOK」=「教えない」ってことになっているのだろうか? 公立中学校で英語を教えている先生に話を聞いてみた。

「私は教えていないです。よって現在、私の学校ではほとんどの生徒が筆記体を書けません。とはいえ生徒は何故か筆記体に憧れて書きたがるので、名前くらいは教えたりもしていますね。積極的に『覚えたい!』と言ってきた生徒には、昔の教材をコピーしてあげたりもしますが、時々黒板にばーっと筆記体を書くとわーっと声があがるくらい、筆記体はレアな存在になっています。授業ではコミュニケーションを重視しているのと、海外では筆記体を実際に使用している人が少ないこともあって、私は教えていないんですよ」

なるほど。たしかに、海外で出逢う文字が美しい筆記体だったことは実際一度もない。個人的所感では、英語圏に限らず、アルファベットはブロック体を独自に崩して書いている人が多い気がする。海外のカフェの黒板に“筆記体風”に書かれた「本日のオススメメニュー」など、全く読むことができなくて、常に質問してしまうし……。

そういえば以前アメリカに住んでいた友人も、「お年寄りは筆記体を使っているけど、若い人はみんな使わないよ。パソコンで打つ機会が増えたから書かなくなったんじゃない?」と言っていた。

そんなこんなでいつの間にかレアな存在になっていた筆記体。筆記体愛好者としては少々淋しいけれど、これもまた時代の流れなのかもしれません。
(磯谷佳江/studio woofoo)
----------------------------------

私が中学生の頃、2学期か3学期に筆記体を習って、それ以降ずっと筆記体を使用してきた。高校に上がってから、担任も同級生も、筆記体を使っている人がほとんどいなかった。私は筆記体に慣れていたので、そのまま使っていたのだが、たまに練習問題を黒板に書くようなことがあると、みんなに合わせブロック体で書いていた。そのうち、このように自分のノートには筆記体、黒板にはブロック体、と使い分けるのもやめて、ノートにもブロック体で書くようになった。

でも、ブロック体で書くと、どうしても醜くなってしまう(文字間のバランスが取りにくい)ので、今は筆記体を使うようにしている。それにしても本場の欧米人の書くブロック体は、たいへん醜く、見るに堪えない。
[PR]
by pangxie | 2009-04-28 01:49

一緒に飲んでいた人が酔ってしまったら

草彅剛の逮捕。さらに家宅捜索までされるなんて、確かにちょっとやりすぎかな、と思った。それ以上に、一緒に飲んでいた友達(?)2人が、なんで彼を家の中まで送って行かなかったのだろう?あるいはホテルに泊めるとか。売れっ子芸能人だから、そのくらいしてあげるべきだ。

私が上海で酔っ払った時は、この巨体を、男子学生1人、女性同僚2人が、わざわざタクシーで家の中まで送ってくれた。この逆もある。中国人の友人がビール祭りで泥酔した時、私が一人で、タクシーに乗せ、さらに中で嘔吐したもんだから、それをティッシュで拭いて、家まで送って行ったことがある。
[PR]
by pangxie | 2009-04-25 23:43

うっかり

来週月曜に論文を1本読んできて、内容をレジュメにまとめ発表しなくてはいけない。

今週の授業後に論集を借りてコピーしたのだが、それが今回課題になっているのとは異なる論文だった。著者が同じだったので、タイトルを確認せずコピーしてしまった。

うかつにもそれに気がついたのが木曜日の夜。

金曜の朝、図書館に行って、コピーしなおした。

昼からは授業があり読めなかったので、今日になって読み始めた。

あと、翻訳もあるし、授業の準備もあるし・・・・・・
[PR]
by pangxie | 2009-04-18 22:14

栄枯盛衰

松任谷由美が最近よくテレビに出ている。プロモーションのためだろう。

以前はそんなことをしなかった。
最近は本人も言っているように、カリスマとか天才とかいったキャラクターから抜け出そうとしており、テレビ出演はその一環だろう。

「真夏の世の夢」、「ハロー マイ フレンド」、「春よ、来い」、「ロンド」など90年代前半から中葉にかけて出された曲は、リアルタイムで聞き、その他の名曲は、ラジオや有線などでけっこう聞いた。(中高生の頃はラジオ大好き人間だった)

高校生の時、同級生が、月9(タイトル失念)の主題歌「ハロー マイ フレンド」を評して、「あまりうまくない」と言っていた。

私は、あの頃はそう思わなかった。しかし、この前のテレビでライブをしていたのを見て、今のユーミンの歌唱力はかなり落ちていると思った。

以前のCDを聞くのはいいが、ライブの歌は聴きたくない、というのが、正直な感想。

90年代後半以降、安室とか浜崎とか宇多田といった新たな「歌姫」が出てきて、ユーミンは「過去の人」と化した。

今や、ユーミンを押しのけた安室達も「過去の人」。

それからというもの、新たな「歌姫」は誕生していない。
[PR]
by pangxie | 2009-04-16 23:42

テレビとビデオをみて思ったこと

トキオの番組で、香港を中国語のみのガイド本に沿って巡る、という企画をやっていた。

やっぱり香港はいいなあ、と思った。

それから、日曜洋画劇場の「レッドクリフ パート1」を見たのだが、途中で集中力が切れてしまい、途中で見るのをやめた。

戦いの場面が、いささか冗長な気がした。

昨日録画しておいた、NHKテレビ「中国語会話」を見た。

上海の新天地が映っていて、懐かしい気持ちになった。

淮海路で食事をしたら、だいたい新天地のスタバに行って口直しをした。パウラナーでドイツ料理を食べた。近くに蝶園があって、ここの紅焼肉とか魚料理がおいしかった。

今、航空券が安くなっていて、上海には行きやすいはずだが、授業が始まるし、定期的なバイトもあるので、行けそうもない。どうしても行くならゴールデンウィークになるが、この期間は航空券の価格が跳ね上がるし、宿を取るのも難儀する。

春に行くはずだったのに、なんかおかしなことになってしまって、行けなかったのが悔やまれる。
[PR]
by pangxie | 2009-04-13 01:35

桜が咲いても・・・

もう4月。

長いはずの春休みも、間におかしな発表があったため、なんだか分断されたような気がして、いつもより短く感じた。

冬の凍てつく寒さが大好きな私にとって、春は桜がどんなに綺麗に咲こうとも、大嫌いである。

いま桜祭りの真っ最中。

近所の川沿いの桜並木は、日本の桜名所100選にも選ばれているほどで、小さい頃はよく見に行ったものだが、今はあの人だかりがうっとうしくなって、どうでもよくなった。

母に曰く「白ばっかりだからあまりぱっとしない」とのこと。

見慣れているせいだろう。要求がだんだん高くなる。

来週から授業開始。

あまり乗り気じゃないんだな、いろいろあって。
[PR]
by pangxie | 2009-04-07 01:33