天天好時光

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

検定を考える

問題集で使う絵が送られてきた。問題そのものはまだ要検討のものが結構あって、来週に一度、そして9月にも打ち合わせをすることになっている。これで11月までに間に合うのだろうか。

BJT(ビジネス日本語能力テスト)が来年から中止になるとのこと。BJTはどのくらい需要があるのだろうか。中国では全然聞かなかった。JTESTも日本語能力検定の申し込みができなかった人が代わりに受けるようなものだった。

中国語の場合、日本では中国語検定試験(中検)がメインだ。HSKも浸透しつつある。TECCは一時期中止になっていたけど、最近復活したらしい。TECCは2001年に受けてAランクをもらったけど、はたしてこれで専門家レベルと言えるかどうか。問題がやさしすぎたように思う。

日本語能力検定の認定もちょっとどうかと思っている。出題方法が今年から変わったものの、あいかわらず作文問題がないので、どこまで書けるかが判定できない。HSKみたいにテーマを設けて自由に書かせるものを出した方がいいと思う。とくに日本語は口語と文章語の差が大きいから、その適切な使い分けができるかをチェックするのは重要だ。
[PR]
by pangxie | 2010-08-19 23:15

教材チェック

7月終わりから8月上旬は教材の最終チェック。
11月に本屋に並べたいというので、大慌てで問題を組み直した。
案の定、問題がうまく作れていないものや重複しているものなどがあって、日程が大幅にずれこんでしまった。さらに解答のほかに解説も作ることになって、8月いっぱいはこれにかかりっきり。

お盆のさなかに、中国人研究生Aからとつぜん携帯メールが来て、願書と一緒に提出する研究計画書のネイティブチェックをしてほしいなどと言ってきた。チューター登録もしていないのに、である。なぜ僕の携帯番号を知っているかというと、チューターを引き受けた研究生Bが勝手に教えたらしい。

こういう非常識なことをされると、直す気など全然起こらないのだが、うちの研究科は中国語や中国文学をやっている日本人が少なく、ここで断ってしまうとどうしようもなくなってしまうと同情したからだ。僕自身、上海で右も左もわからなかった時に、日本人中国人の多くの方のお世話になったこともあり、困った時はお互い様だと思っている。
[PR]
by pangxie | 2010-08-17 22:04