天天好時光

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

翻訳+過来

HSKの対策本を読んでいたら、こんな文があった。

「這本小説已経翻訳過来了。」(この小説はすでに翻訳されています。)

“翻訳過来”の“過来”は方向補語で、ここでは派生義として捉えられる。もっとも、“過来”の原義は〈動作が話し手のいる場所に向かってなされること〉にあるから、“翻訳過来”は、たとえばこの文の話者が中国人ならば、「ある中国語以外の言語から中国語に翻訳された」ということであろう。白水社『中国語辞典』には、“過来”の項目には1~6の意味が載っているが、そのうち派生義は2~6であろう。ところが、“翻訳過来”の“過来”がこの2~6のうちのどれに属するのか、よくわからないのだ。ちなみに商務印書館『中国語補語例解』を見ると、“翻訳過来”が載っているが、“過来”がどのような意味を持っているのかは書いていない。

大学の頃は、“把日語翻訳成漢語”や“翻訳出来”などは習ったことがあるのだが……。
[PR]
by pangxie | 2011-01-12 23:37

年末

年末の一週間は本当に忙しくて、部屋に戻ると何もする気が起こらなかった。だからブログも自然に放置状態に。

母が12月21日に退院した。この日は今月最後の非常勤だったので、父が病院に迎えに行った。

23日は天皇誕生日だが授業があった。祝日でしかも夜だから図書館はやっていないので、ついでの用事も済ませられない。この日は本来補講日ではないのだが。

24日は非常勤先の忘年会。河文の洋食部門で。まずくはなかったけど、別段おいしくもなかった。ベテランの先生方には好評だったけど。でも、僕からしたら、やっぱり居酒屋でわいわいやるのが楽しい。帰りに地元のケーキ屋でクリスマスケーキを買ったが、どうしても割高感がして、ホールじゃなくてカットで買えばよかったと少し後悔。

25日、26日は朝から夜まで中国語の研修。どうせクリスマスなんか何もないのだからと思って。おかげで文法の復習ができたし、自分の弱い所も確認できたので、有意義な2日間だった。授業展開の仕方についても勉強になった。講師が一方的に説明ばかりしていては学生のやる気がなくなってしまうし、単純に和文中訳や中文和訳の問題を出しても面白くはならないと。

27日はまた授業。この日は大学の正規の授業期間内。こういうときの授業、中国人は休むことが多いのだ。授業前に図書館で文法書を借りた。初級文法の定番は『やさしくくわしい~』と『WHY?にこたえる~』の二冊だと思うが、私は両方とも持っていて、特に『WHY?~』はこわれるまで活用し、今は2冊目を使っている。『やさしくくわしい』は中国人に貸したら帰ってこなくなった。『中国語の語法の話』も貸したら帰ってこない。これはすでに絶版になっているから、なくしたと言われたときはものすごく腹が立った。この日に借りたのは別の文法書だが、最近の研究成果を踏まえて初級文法がどのように説明されているのかと思って。

28日~31日はネイティブチェックに追われる。中国人の日本語をチェックするのだが、数万字のものを2、3日で返してほしいと言ってくる。こっちも一日中ネイティブチェックをしているわけではないので、それは無理だと断る。

それにしても紅白歌合戦はひどかった。学芸会もどきのことをやっているし、トリのスマップも歌も聞くに堪えないひどいものだった。ところどころ見ていただけなんだけど、福山の断髪式とか、あんな無駄な時間を使うくらいなら、もっと実力派の歌手を出して歌を見せてほしかった。
[PR]
by pangxie | 2011-01-03 00:31