天天好時光

李春天の春

中国の紅白とも言われる、旧暦の大みそかに放送される「春節聯歓晩会」。

この中の演目で、趙本山と宋丹丹扮する老夫婦のコントは人気が高く、

NHK中国語会話の中でも取り上げられたほど。

宋丹丹は中国人でも喜劇役者だと言う人がいるが、じつはれっきとした女優である。

若いころは老舎原作の映画「月牙児」(三日月)で主演。

生活のために売春婦になってしまう母を嫌悪しつつも、

自分も結局母と同じ道をたどってしまう娘の役を好演。

この映画を見たときは、あの宋丹丹が、と思うくらいかわいらしかった。

最近上海東方テレビで放送が始まったドラマ「李春天的春天」(李春天の春)では

今中国でも流行?になっている〔剩女〕(行き遅れた女性)の主人公を彼女が演じている。

このドラマは始まったばかりでどんな結末になるのか分からないけど、けっこうおもしろい。

北京を舞台にしているようで、セリフもごく標準的な共通語で話されている。

ただし、ときおり北京語も出てくる。

たとえば〔倍儿〕(すごく、とても)とか。

こういうのも「華流」の仲間に入れてもよいと思うのだが。

そうすれば中国大陸の事情もすこしはわかるようになると思う。



社会人の学生さんと話していて、

中国では日本流は通用しない、ということを強く主張した。

ある日系スーパーが中国でオープンさせるとき、

当日になっても工事が終わっていないテナントがある。

日本人の責任者はあわてふためくが、中国人はあっけらかんとしている。

間に合わないものは間に合わないと。

だったらそこだけシャッターして「いついつオープン」とでも書いとけばいいじゃないかと。

お客もこれに対してなんらクレームを入れることはしない。

中国ではこれが当たり前なのだ。

上海万博のときだって、オープンしてもまだできていないパビリオンがあったではないか。

日本人にとっては「非常識」だと思うかもしれない。

しかし中国は中国。日本ではない。

マスコミの中国報道はやたらと日本を基準にし、

ややもすれば「上から目線」になりがちだ。

マスコミはうわべだけの報道しかしない。

なぜこういうことが起こるのか、

については考えない。

中国人の先生と話していたら、

「日本も一党独裁だったら、もっとスピーディーに原発問題を解決できたんじゃないの?」

と言われてしまった。

わたしは日本は「一党独裁」である必要はないが、

国会議員たちがみんなで足の引っ張り合いをしているのを見ると、

こう言われてしまうのも無理はないと思った。

なんで日本ってサッカーのときは「一丸となる」んだけど、

もっともっと大事な問題のときには「一丸になれない」のか?

まあそれぞれ利害関係とか既得権益とか、

しがらみにがんじがらめになっているから無理もないか。

書いててむなしくなってきましたね。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-30 23:25

けど

サラダせんべいって食べ始めると止まらなくなる。

「雪の宿」が安かったから買ってきたけど、すぐになくなった。

カロリー高いから気をつけないと。



肌荒れ(カミソリ負け)が気になったので、ロクシタンを買った。

豆乳ローション顔に塗りたくってたけど、

あまり効果がないと思い始めたので。

そういえばロクシタンあったなあ、上海にも。

ラッフルズの1階だったかな。

あのときは肌荒れなんてなかったけど、30過ぎるといろいろ気になるな。



スタバでもらったコーヒー100円券。

1日限定でしか使えなかったのに、行かなかった。

もともと人からもらったものなんだけど、すごく損した感じ。



ある中国人が張愛玲を訳しているんだけど、その解説がひどかった。

今じゃネットで雑誌が見られるし、それに全集も影印も大学にあるのに、

どれも見ていないらしかった。

発表先が紀要だから、語注をつけてもよさそうなのに、それもなし。

こういうのはあまり読みたくないんだけど…
[PR]
# by pangxie | 2011-07-29 23:29

血液型で何がわかる!

事務の方がさしいれにサラミをくれた。

そしたら隣にいた中国人が

「なんかこれ〔狗食〕(ゴウシー)みたい」って。

〔狗食〕は中国語で犬のエサのこと。

言うに事欠いて「犬のエサ」とは。

さすがに温厚な事務の方も

「失礼な。もっと言葉を選んでください」と。

この中国人について

前々からちょっとKY(古)なところがあるんじゃないかと思ってたけど

やっぱりKYだった。

しかもこの中国人

やたらと血液型とか星座とかを当てにくるし。

ちょっとしつこかったので

「そういうの信じてないから」と言って話を打ち切った。

この人、根は決して悪い人じゃないんだけど、ちょっと幼稚なところがある。

もういい加減、血液型で人の性格推し量るの、やめませんか。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-27 23:46

バカ者

今日は気分が悪かったので、批判を書こうと思う。

さっきテレビ見てたら、

「トラックのUターンが危ない」

といったニュースをやっていた。

名古屋について言えば、何もトラックに限ったことではない。

乗用車のほとんどが危ないのである。

名駅とか栄には路上駐車するバカ者も多く、

しかも警察も取り締まらないものだから、

どんな時間帯に行っても路駐がはびこっている。

こういうときこそ、罰金を徴収するチャンスである。

名古屋は罰金10万くらいにしないと連中は懲りないかも。

少しぐらいポッポに入れてもいいから、

警察には大いに取り締まっていただきたい。



中国人の学生と話していたら

どういう文脈だったか忘れたが、

「割り勘」の話になった。

中国では〔AA制〕(エーエージー)といったり、

〔各付各的〕(グーフーグーダ)といったりする。

中国の(特に北方の)学生にしてみれば「割り勘はみっともない」と。

みみっちい感じ(中国語で〔小気〕シャオチ)がするのだろう。

上海から来た学生は

〔干脆〕(ガンツイ、さっぱりしている)と言っていたが。

わたしは割り勘自体は何とも思わないが、

せめてランチ時くらいは自分らのテーブルで清算しとけ

と言いたい。

4~5人のグループで来る連中が

レジで延々と1人ずつ勘定を済ませていると

自分の番がちっとも回ってこないでイライラするからだ。

ひどいときなんてレジに10分近く並んでたぞ。

しかもこういうときに1万円札を出すバカ者もいたりして。

サラリーマンに多いな、こういう人の迷惑顧みずという奴は。

おばちゃんたちはだいたいテーブルで清算してる。

ランチはサラリーマンが行きそうなところは極力避けるようにした。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-27 00:03

代講した

今日は久々に日本語文法の授業。代講で。

1)~というものだ
  人の手紙を無断で開封するのは、プライバシーの侵害というものだ。

2)~というものではない/~というものでもない
  カギをかけたら安心というものではない。

3)~ないことはない/~ないこともない
  あの女優?かわいくないことはないけど、あまり好きじゃないなあ。

日本語学校は直接法で教える。

(直接法は、ネイティブが母語を使って母語を教えるというもの。

日本語の場合、日本人が日本語を使って日本語を教える)

直接法のデメリットは、微妙なニュアンスが伝わりにくいことにある。

こちらも教えていて、学生がマスターしたかイマイチ把握しにくい。

学生の方も自分が本当に「正しい」使い方をしているのか、自信なさげだ。

だから、直接法の原則を破って、随時中国語を交えて説明することもある。

1)の文型だと、中国では〔这才~〕を使うことが多いだろうとか、

2)だと〔并不是〕だろうとか。

こうすると、なるほどといって納得してもらえることが多い。

ただ2)、3)のように「は」と「も」の違いは、と聞かれると、

これは文法書にも解説がなく、自分の「勘」に頼らざるを得ない。

2)も3)も、「は」だと「ハッキリ・キッパリ」否定する感じがするが、

「も」だと「ヤンワリ・ボンヤリ」否定するといったふうに。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-25 23:41

あの素晴らしい愛をもう一度

棚を整理していて、中高のときに使っていた楽譜を捨てようか迷った。

捨てられなかった。

合唱コンクールや老人会の慰問の伴奏用に

コピーしたものもいくつか出てきたり。

「涙をこえて」

「ともしびを高くかかげて」

「新しい世界へ」

「大地讃頌」

「樹氷の街」

「夢をあきらめないで」

「旅たちの今確かめあって」

「時の旅人」

                     などなど

夏休みにも練習があって、

部活はさぼっても有志合唱団の活動は熱心にやったものだ。

これも中学の頃だけ。

高校の合唱部はやたらと芸術性ばかりを強調しているような気がして、

そういうものに反発を覚えて結局入らなかった。

(そして「歴史研究部」なる学校一マイナーなクラブに入った)

中でも音楽の先生のお気に入りが、

「あの素晴らしい愛をもう一度」だった。

親と同世代の、団塊の世代の先生だったので、

自分が若いころにもよく聞いたのだろう。

これはウーロン茶のCMで中国語バージョンで歌われたようだが、

テレビで聞いた記憶がない。




これを歌っているのがエンレイ(媛麗)という歌手。

たしかこの人あるテレビで

「我的家在山的那一辺」(私の家はあの山の向こうにある)

を歌っていたような。

この歌、

テレサ・テンが天安門事件(1989・6・4)のデモ弾圧に反対する集会に

飛び入り参加したときに歌っていたもの。

我的家在山的那一边 私の家は山の向こうにある

那儿有茂密的森林     そこには生い茂った森林がある

那儿有无边的草原     そこには果てしない草原がある

春天播种稻麦的种子    春は田植えをし

秋天收割等待着新年    秋は収穫し新年を待つ

张大叔从不发愁      張おじさんは何も心配せず

李大婶永远乐观      李おばさんもずっと気楽だった

自从窑洞里钻出了狸鼠   洞の中からモグラが出てきてから

一切都改变了       すべてが変わってしまった


他嚼食了深埋的枯骨    それは深く埋めてあった骨まで食べ

侵毒了人性的良善     人間の良心を侵してしまった

我的家在山的那一边    私の家は山の向こうにある

张大叔失去了欢乐     張おじさんは喜びを失い

李大婶收藏了笑颜     李おばさんは笑顔がなくなった

鸟儿飞出温暖的窝巢    鳥は暖かい巣を出てゆき

春天变成寒冷的冬天    春は冷たい冬へと変わってしまった

亲友们失去了自由     友達は自由を失い

抛弃了美丽的家园     美しい家を棄ててしまった

朋友!不要贪一时欢乐   友よ!一時の快楽に溺れるな

朋友!不要贪一时苟安   友よ!一時の安逸に溺れるな

要尽快的回去       早く戻るのだ

把民主的火把点燃     民主の火をともすのだ

不要忘了我们生长的地方  我々の生まれ育った場所を忘れるな

是在山的那一边      それは山の向こうにある

山的那一边        山の向こうに

台湾生まれのテレサ・テン。中国では

「白天聽老鄧,晚上聽小鄧」(昼は鄧小平の話を聞き、夜はテレサ・テンの歌を聞く)

と言われるくらいの人気歌手だった。

二人とも同じ「鄧」という名字だったからこう言い方が生まれた。

しかし大陸中国で歌うことはなかった。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-24 22:52

吃多了(チードゥオーラ)

今日は朝がつらかった。

朝早く行かなくてはいけないときにかぎって、

その前日に夜更かししてしまう。

悪い癖だな。

朝食はカスカードのパン。

通り道なので、だいたいここかエピシェールで買う。

カスカードなんて高校の時から利用してるから、

もう17、8年通ってる。

最近はエッグロールとかたまご焼きの入ったサンドイッチが人気。

今日は検定対策。

〔了〕とか〔着〕とか構文とか。

検定に落ちてしまった学生がいた。

なぐさめのことばとして

〔吃一堑,长一智〕(チーイーチエン,ジャンイージー)

を板書して教えた。

「失敗すればそれだけ賢くなる」っていう意味。

〔失败是成功的母亲〕なんて直訳調のものよりも、

こっちのほうが中国語らしくて好きだ。

昼はいつもの中華料理店で。

なんかツアー客と一緒の時間帯に入ってしまって、

土曜日にしてはものすごく賑やかだった。

今日は鶏肉の紹興酒煮というのを食べた。

相変わらず量が多くて、

しかも米飯はおひつに入れて持ってくるもんだから、

ついつい食べ過ぎてしまった。

お土産にもらったどら焼きも食べて、おなかいっぱい。

ちょっと涼しくなった途端に食欲旺盛になってしまう。

これじゃダメだな。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-23 23:35

ガタタン

昨日ケンミンショーを見ていたら、

北海道芦別の郷土料理として「ガタタン」なるものが紹介されていた。

すいとんみたいな団子と数種類の野菜が入ったスープ。

団子が欠かせないのだという。

そしてこの「ガタタン」の由来が

中国の東北料理〔疙瘩汤〕(ゴーダタン)であると。

〔疙瘩〕(ゴーダ)は「ふきでもの・にきび」といった

皮膚の表面にできるできもののこと。

「ふきでもの」と形が似ていることから、

「すいとん」を〔面疙瘩〕(ミエンゴーダ)という。

それをスープにしたのが〔疙瘩汤〕。

面白かったのがこの北海道の郷土料理と化した「ガタタン」を

中国人に食べさせた時の反応。

「これじゃお母さんの味を思い出せないです。」

そりゃそうだ。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-22 21:24

結果がぼちぼちと

ぼちぼち中検の結果が出ているようで。

合格した人もいれば、そうでなかった人もいる。

留学前に受けてダメだった人には、中国ではHSKを目指そうと言った。

2級に合格した人には、今度は準1級を目指し、

まずは夏休み中に慣用句と成語をたくさん覚えましょう、と言った。

参考書を板書したらみんなメモってくれてた。

社会人の方は、あと2点でダメだった人が。

惜しい!めちゃくちゃ惜しい!

あと1問合ってれば合格だったのに。

でも当初は50点取れるかどうかというレベルだったので、

授業をコツコツ受けてくれて、

着実に成績が伸びていたから、

教える方としては、結果はダメでも大きなステップアップだと思った。

2級は類義語が多くて大変だけど、

地道に勉強すれば結果が出るもんだ。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-22 00:06

刮台風(グワータイフォン)

台風の中、社会人の方はだいたい来てくださった。

「台風で休みます」と言って休む人もいたけど。

正直でよろしいなあ。

こっちもすっきりするよ。ははは。



行きはバスで行ったからよいものの、

帰りはバスが全然来なくて、しょうがないから歩いた。

雨も風もすごくて全身ずぶぬれ。

中国ではこういう状況を〔落汤鸡〕ルオタンジーという。

「スープに落ちたニワトリ」。

日本語の「濡れネズミ」に相当する。



明日は授業最終日。

よりによってこんなときに台風襲来。

朝、警報が出てなければよいのだが。

それに夜は食事会。

食事会の頃には台風はどっかに行ってるだろうなあ。

どうせなら今夜のうちに行ってしまえばいいのに。
[PR]
# by pangxie | 2011-07-19 23:59